個人開業医を目指す医師のみなさん必見

勤務医時代を経て、個人開業医を目指す医師のみなさんにぜひ知っておいて頂きたいこと。

それはなんといっても「節税対策」です。もちろん、今回ご紹介してまいりますのは、いずれもクリーンで法律には一切触れることのない節税対策ばかり。

特に、医師の資産活用については現在、とても話題になっているテーマですよね。
既に開業されている方にとっては知っていることも多いと思いますが、意外と知らなかった!

ということも中にはあるかもしれません。

ぜひ最後までお読みいただければと思います。


勤務医と開業医の違い

さて、それでは節税対策についてご紹介して行く前に、まずは勤務医時代との違いについて簡単にまとめていきましょう。

勤務医時代と、開業になってからとでは、節税の仕組みが変わってきます。

例えば、個人開業となれば、様々な費用を経費算入することが可能となりますね。

自宅を改装して開業という場合なら、自宅の家賃や光熱費の一部などを経費にすることができるでしょうし、設備導入に関するもの、学習のために必要な参考図書類などもそうです。

また、仕事に関することで人と会うのなら交通費なども経費に計上することができるようになります。


色々な面で節約できる

税制の仕組みを充分に理解していれば、色々な面で節約できることが増えてきますので、まずは一番最初に経費に関する知識を学んでおく必要があるでしょう。

また、税理士などに相談するのも一つの手になると思います。

それでは、引き続き、様々な対策についてご紹介をしてまいりたいと思います。

参照URL:医師の転職ガイド